儚き刻のリオン 最終回感想

遅くなりましたが、電撃マ王とテイルズオブマガジンの感想です。
ついに終わってしまいましたね…。
最後はどういう展開になるのか非常に楽しみだったんですが、思った以上にいい終わり方でした。
また機会があればカスカベ先生のリオンが見れると信じてます。
単行本は何か4月らしいですね。
マガジンに、これからも単行本未収録のショート漫画掲載してくれるといいな…!




■電撃マ王
・もう冒頭部分から泣いた…。
・「マリアン、君のもとへは繋がらなかったみたいだ」
 リオンの表情を見ると余計に悲しくなる…。
・「――リオン」
 スタンとルーティが多くを語らず、この一言にいろんな気持ちを込めて手を差し伸べたから、リオンも手を伸ばしたんだと思います。
・でも、手を取り合う前に地割れが起こってしまった…。
・シャルが語る所はとてもよかった…!
・シャルは千年前に得られなかったものを手に入れた…。
・「…しっかり導いてあげてください、ディムロス中将」
 信じているからこその言葉ですね…。
・シャルの属性は地。この場面で使われるとは思いつかなかったな…。
・「僕の悪夢はここで終わりだ」
 これはD2の事を踏まえた上でのセリフでしょうか…。
・「後は――任せた」
 すべてをスタン達に託して…。
・「――これで、これでよかったんだろう?マリアン」
 この後、1巻の冒頭へ繋がるわけですね…。
・本編終了後の補完がしてあるのはとてもうれしいですね。
・特に、リオンの風評についてはやってほしかったので満足です。
・「――ほんとに世話の焼ける弟(ヤツ)だったわよ」
 ルーティはまだ完全に消化し切れてないだろうけど、リオンの事を弟だと認めているんですよね…。
・マリアンの回想のリオンに笑顔にキュンっときた…!
・「さよなら リオン・マグナス」
 カスカベ先生3年間お疲れ様でした!


■テイルズオブマガジン
・寝そべりリオン、色気があってニヤニヤと…(笑)
・「終わったッ…!!」
 そりゃね、まつたけだし(笑)
・「サンダーフード&魔神茸!!」
 このショート漫画、笑い要素満載だ(笑)
・スタンの妹だし、聞き覚えがあるのも当然だね。

この記事をシェアする

0 件のコメント :

コメントを投稿