スターオーシャン5 プレイ日記03


ちょっとだけゲームする時間できたのでPAとレベル上げ中心でやってました。
本編はちょこっと進めたぐらいで今回はPAメイン。
54レベルぐらいなのでもうちょっとレベル上げしたいなー。



  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
そりゃあ国が違えば文化も違うんだから、星単位だともっと違うだろうね。
似たものはあっても多少なりとも違うものはたくさんあるんだろうな。

いつも初回だと全体マップ見るようにしてるからクロノス艦も特に迷うことなく。
途中で、公式チートロールらしき「デッドマン」をミキに設定。
でもこれ他の回復系ロールを付けないと難しいかも。そのままだと戦闘不能になったりするし。
今のところミキのロールにはデッドマン、セージ、クルセイド、セイバーを設定。

動くな!と言われてカメラ動かしてみるとヴィクトルがいない。
と思ったら、人質になっていたリリアをさっと助けるというなんともかっこいい所をみせた。
次はフェリアを助けに行く感じかな。

エマーソンが「いっそのことリリアがいなければ…」的なことをリリアの前で言うという。
リリアが自分を信じられなくなったら、フィデルを信じればいいということで。

ミキさん…ほっぺに呪印を施そうとしてたの…。
さすがにそれは…と引き気味なフィオーレさん、コメントに困る。

命は失われたら戻らないが、ダリルさんとの時間は失われない。
記憶は永遠…かどうかは分からないけど、ダリルさんはいたということには変わりはない。
さすがに声とかは音声で残ってなければ、段々忘れていく要素とは思うけど。

猫がツンデレっていうか、そういう猫もいるのは分かるけど…。
ヴィクトルさんがツンデレかと言われると…それはちょっと違う気が。


  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
トレクール地方では辛いのがメインなんだろうか。
ミキが熱い、燃える!と叫びながら悶えてる。

そうですよ…ミキさんいなかったらフィデルくんだって心細かったかもしれない。
もしここに帰ってくることがあったら、その時はちゃんと2人で。

ミキが治癒の呪印を施したのは、両親の病のことがあったからなのね。
死ぬまで合えなかった両親の時のような思いはしたくないからか…。
もっと頑張るからって言うけど、今も頑張ってるからって言いたかったな。

ウェルチのクエスト装備強化編。これで最後っぽい。
ウェルチの夢は、みんなの役に立って笑顔にすることかー…。
助手たちにまかせきりはよくないから、ここからはウェルチ自身でがんばるようで。

(C)2016 SQUARE ENIX CO., LTD. All rights reserved.

この記事をシェアする