ペルソナ4 ザ・ゴールデン プレイ日記05 (P4Gクリア)


P4Gクリアしました。
11月からは進むのが早くて思ったより早くクリアできた。
P3Pはぼちぼちのんびりクリア目指します…。クリアはしたい。


ペルソナ4 The GOLDEN

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
ついにきた脅迫状2通目。
主人公よ、さすがに警戒してその場で開けるのやめようか。
確かに事件に関わってるけど言える内容じゃないからなー。
正直に話したら失望された主人公不憫…。

マヨナカテレビに映っていたのは菜々子ちゃんだった。
叔父さんが生田目を追いかけて交通事故で怪我して入院。

翌日テレビの中へ。
菜々子ちゃんまだ小学生になったばかりだもんね…。
お母さんが亡くなって寂しいのは当たり前。

意識が戻らない菜々子ちゃんを病院へ。
菜々子ちゃんのシャドウが出なかったのはまだ表裏を意識的に切り替えたりしない年頃だからだろうな。

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
意識を取り戻した菜々子ちゃんのお見舞いへ。
だけど依然として予断を許さない状態であることに変わりはない。

霧は晴れないが、期末試験も最終日の朝。
あのメガネをかけると霧の中を少し見通せることに気がつく。
そもそもメガネをかけて霧を見通せるのはありえないこと。
なのに、現実でもクマからもらったメガネをかけると霧が見通せる。

新しいこたつをみんなで見てる時に足立さんから電話が。
菜々子ちゃんの容体が急変し、そして…心肺停止。

生田目を問い詰め、生田目をテレビの中へ落とそうとする。
女性陣は反対派だけど、早くしろと言う陽介に対して「落ち着け!」。
主人公の口癖って「そっとしておこう」もだけど「落ち着け」もだよね。

心肺停止状態だった菜々子ちゃんが息を吹き返した。
陽介を止める時に正しい選択肢選ばないとバッドエンドだからね…。
さすがにバッドエンドにはいきたくないので選択肢間違わないようにしたけど。

クマ以外のメンバーで集まり、イゴールさんの言った通り立ち止まってみる。
脅迫状を書いたのが生田目なら"イレラレテ コロサレルヨ"とは普通書かない。
生田目の立ち位置からなら"イレテ コロス"と書くはず。

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
殺されるならば、テレビの中へ入れて手出しできないよう匿うことにした。
しかし実際にテレビの中へ入るとそこは異様で危険な場所だった。
生田目から見た状況の話を整理すると、生田目は犯人ではない。

脅迫状を怪しまれずにポストに入れることができる人物。
真犯人は足立刑事。ヘタレ刑事に見せかけてるだけだしね、あれ。

病院にいた足立さんを問い詰めると見逃せない一言。
「全部入れた」なんてマヨナカテレビの事をよく知ってないと言わない。
逃げた足立さんを追いかけるが見失う。おそらくテレビの中へ入ったのだろう。

クマはテレビの中の世界にいたシャドウだった。
いつしかそのシャドウは自我を持ち、今のクマを形作った。
ベルベットルームには自我を持つ者しか入れない。
自我を持たないシャドウは近寄る術もない場所に入れたクマは自我を持ってる。

4月に一番最初にテレビの世界へ行った際に訪れた異様な部屋。
そこに逃げていた足立さんはいた。
テレビの世界に気に入られたのは、アメノサギリの影響だろうね。

足立さんを倒して霧を晴らさなければ、町は霧の中に消えてしまう。
現実とテレビの世界が一緒になり、テレビの世界が現実になる。
それってシャドウも現実に現れるってことなんだろうか。
P3の時みたいな…まぁあれは影時間だけだったけど。

ちゃんと準備してから来いよと言う足立さんに、一旦引き上げることに。
直斗くんと陽介に、一人で行かないよう念を押された。
そんな心配をよそに夜に一人で足立さんに会いに行く主人公。

説得も話も通じず、みんなで来いと拒絶され帰るしかなくなった。
テレビの中から戻った主人公を出迎えたのは陽介。
行くとは思ったけど、みんなで行くと決めたんだから仲間を信じてほしいと。

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
禍津稲羽市で足立さんと戦ったが、連戦でアメノサギリ…。
苦戦はしなかったけど連戦は苦手なんだよねー…状況によっては。
レベル上がりやすいのと難易度低いからまだいいけど。

足立さんを連れて帰り、みんなと外へ出る。
あんなにあった霧が完全になくなっている。
というかこれで霧あったら困るわな。一応一段落。

クリスマス・イヴは特別な関係になった女性と過ごす。
私の場合はりせと特別な関係になったのでりせと過ごした。
そして年を越して初詣もりせと。

新年の挨拶回りの前に、菜々子ちゃんと雪だるま作り。
菜々子ちゃんの要望でクマだるま。

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
ベルベットルームへ行くと、マリーがこの部屋を去ったと告げられた。
マリーをこの部屋に招き入れたのは主人公。
マーガレットさんにマリーの行方捜索を依頼し一先ず待つことに。

そうか…菜々子ちゃんは正月の間だけの一時退院なのか…。
クマが主人公の家へ菜々子ちゃんたちが帰ってくるまでいるらしい。
そしてその晩、風邪でぶっ倒れる主人公。

ぶっ倒れた主人公の夢の中でマリーがお別れを言いに来ていた。
記憶が戻ったことによる別れだろうね。
マリーの行き先は、人ならざる者の領域。

叔父さんと菜々子ちゃんが無事退院。
誘拐された時の事あまり覚えてないけど、助けにきてくれたことは覚えてるみたい。

スキー旅行までに上げられるコミュは上げた。
メンバー全員は3段階目まで上げきって、後はMAXできるコミュはMAXに。
1周目で全コミュMAXは目指さない予定だったので予定通りかな。

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
夜の怪談話の陽介のやつってP3のやつだよね…。
風花の加入直前で、女子生徒がシャドウに誘われてる声のことだろうね。

小屋のテレビから出てきた手、マーガレットさんだなw
ガシっと掴んでテレビの中に引きずり込む手法とは…。

P4GAの方も前に見たんだけど、ここみんな一緒なんだね。
アニメだと主人公とマーガレットさんだけで、他の仲間はバラバラになってたし。

マーガレットさん美人だけど戦ったりしたら怖いと思うよ…。
こんなことでもないとベルベットルーム行き来しない人は知らない人だわな。
大丈夫、思いっきり知り合いだから。

マリーは元々テレビの中の世界の住人。
マーガレットさんたちはテレビの中の世界の住人とはちょっと違う気が。
虚ろの森が閉ざされると、マリーの存在自体が記憶から消える。

虚ろの森の攻略は今までのダンジョンとは違ってSP関係枯渇が…。
今までもSP枯渇気味ではあったけど、自動半減とはこれまた…。
ここのシャドウは弱点多いから戦闘やりやすかったけどさ。

虚ろの森BGMが好きで聴いていたいけど先にどんどん進む。
マリーの本当の名前は"クスミノオオカミ"。主人公側でいったら敵側になる。
彼女の役割は人の世の望みをサギリたちに知らせること。

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
りせとの2人きりのバレンタイン…ドリアンとハバネロ入り…そりゃないわ!
その夜に菜々子ちゃんから…千枝たちの言葉信じちゃダメだよ…!
そしてこの菜々子ちゃんの笑顔と言葉…食べたら主人公は恐怖状態に。

あと残りの1ヶ月は思い出作りや写真とか撮ったのね。
そして帰る日の前日…コミュを築いたみんなへ挨拶しに。

足立さんからの手紙。ありがとうと言っときながらバーカとは…w
ベルベットルームへ寄り、見晴らしの珠をもらう。
そして、最初の始まりの場所・ガソリンスタンドへ。

マリーが持っていた櫛はイザナミが手向けとして渡した別れの櫛。
主人公の素質や適性は元々持っていたものだけど、イザナミのきっかけで目覚めた。
陽介たち仲間は、主人公が与えられたきっかけに導かれて力に目覚めた。

黄泉比良坂の回廊は八十稲葉に来た日の夢で訪れた場所だって入ってすぐわかったよ。
あの時周りは濃い霧で覆われていて辛うじて先に進める程度だったけど。

"絶望"・"虚無"・"希望"の3つの因子。
絶望が生田目、虚無が足立さん、そして希望が主人公かな?
ワイルドという素質を持ってるからこそってのもあるんだろうな。
それもあって、イザナミが思っていた以上に力があったのかね。

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
ボス戦は比較的傾向と対策すれば苦戦せず勝てた。
個人的に回復手段は多く持ちたい派だからかもしれないけど。

ラスボス戦のPTメンバーは陽介、千枝、雪子。
初期メンバーだからレベルも高いし安定して攻撃と回復ができるということで。
攻撃は主人公と陽介、千枝。回復は雪子メインで主人公がサブ回復役。
と役割決めてたけど、実際には回復メインが主人公で雪子は攻撃側だった気もする…。

幾千の呪言で仲間が消されていき、ついに主人公も…。
コミュを築いた仲間たちが主人公に「立って」と次々に告げる。
イザナギが「伊邪那岐大神」へ転生。
そして、伊邪那美大神に「幾万の真言」を放つ。

マリーは「イザナミノミコト」としてサギリたちとひとつになる。
「世界」のアルカナを手にした主人公。
そして、テレビの中の世界は霧が晴れて、周りの風景が見えるようになった。

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
翌日、いよいよ主人公が都会へ帰る日。
離れていてもずっと心で繋がっている。
みんなと撮った写真を穏やかな表情で見つめる主人公。

そして時は流れ、夏。後日談。
ドッキリは陽介とクマのせいで台無し…w
菜々子ちゃん髪おろしてるのもかわいい。

マリーは久須美鞠子として天気予報士になってる。
というかマリーは天気を操れるっぽいのね。
最後の主人公の笑顔がまたいい。


ということで、P4Gクリア!
全体的には遊びやすくてとても面白かった。
P3クリアできたら2周目とかでトロフィー取ったり全コミュMAX目指したりしてみたい。
最終的なステータスとコミュは以下。
  • ステータス
プレイヤーレベル:86
ペルソナ:ジャックフロスト Lv.74
勇気・根気・寛容さ・伝達力・知識MAX
  • コミュMAX (愚者、星、審判除く)
魔術師、女教皇、皇帝、法王、恋愛、戦車、正義、運命、剛毅、悪魔、道化師(欲望)、永劫
  • コミュ途中
女帝2、隠者6、節制4、月1、太陽7

この記事をシェアする