ペルソナ3 ポータブル プレイ日記07


12月の選択の時がせまってきた12月20日まで進めました。
今週中にクリア目指して面倒なレベル上げがんばるぞ…。


ペルソナ3 Portable

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
やっと来ました、綾時くん。
この海外生活とかどういう感じになってるのか不思議だな…。

ゆかりの恋愛コミュも最終。
編みぐるみってムーンライドブリッジの開通式で売ってたのか。
ということでゆかりと完全なる恋人関係になりました。
他の女子コミュしてるけど特別な関係はゆかりだけにする予定…多分?

これが、P4Aでマーガレットが歌ってたやつか…。
マーガレットさんが、妹がよく歌ってたって言ってたね。
でもエリザベスさんなら睨まれても素知らぬふりだろうけど。

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
何気に綾時との交流って意外と少ないね…。
学生生活だと修学旅行が大きい割合って感じ。
映画3章だとがっつり主人公に絡んでるからそう思うのかも。

まぁ美鶴先輩も活動部のリーダー的存在ではあったけど。
2年組より年が1つ上ってだけで普段冷静でもあんまり変わらないわな。
罪滅ぼしなんて嘘でも、お父さんのためっていう理由は普通にわかる。

美鶴先輩は先輩なりにお父さんのことを想って行動していた。
お父さんは一人生き残ったからこそ、そういう事も思ってたんだろうな。

そして露天風呂イベント。
順平と綾時は分かってて誘ったな…。
とりあえず逃げ切りましたが、いっそ処刑されればよかったか。
美鶴先輩の処刑は真田先輩くらったことがあるって確か言ってたな。

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
一番怖いのは死ぬことじゃない、執着してしまうこと。
チドリは順平といることでその怖さを実感して分かってしまった。
そして撃たれた順平を助けるために蘇生されたチドリ。

チドリの病室にあったスケッチブックには順平が描かれていた。
いろいろ言いつつも順平のこと気になってて順平を何回も描いたのかな。

不思議と綾時と会わないのは偶然か必然か…。
こっちはせっせとコミュやったりしてるからっていうのもあるけど。
なんというか無意識的に避けてるのかな?

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
綾時は13番目の属性を持つ者・デス。
当時のアイギスは偶然居合わせた男の子に封印するしかなかった。
その男の子が主人公。

母なるもの…それがニュクス。
ファルくんは主人公の中にいた頃の綾時。
ファルくんが「友達になれた事は奇跡みたいなもの」といったのはそういうことだろうね。

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
綾時がいるということは世界の死が確定したということ。
もう次の春は来ない。その前に滅んでしまうから。

綾時を殺して、記憶を失くし普通の高校生として僅かな時間を過ごすか。
綾時を生かして、僅かな時間を死に怯えながら絶望して過ごすか。
綾時を生かすも殺すも、すべては主人公次第。期限は大晦日の12月31日。

こんな時だけど美鶴先輩のコミュ進められないしタルタロスも行けない…。
とりあえずおみくじで好感度上げたりエリザベスと2人きりで過ごしてみたり。
そしてこんな時でもやってくる期末試験。学力カンストだから勉強してないけど。

この記事をシェアする