テイルズ オブ ベルセリア プレイ日記04


多分もう終盤辺りだと思われ。明日か明後日にはクリアできるかな。
ネタバレあり注意。


  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
ようやくレアボードが使えるように。
中盤の終わり辺りだからだいぶ時間かかるな。

メディサから「災禍の顕主」と言われる。
ベルベットが初代災禍の顕主なのか…。

エドナが妹なのは感覚的なことでわかったらしい。
地脈点から生まれるんだね…。

八つの穢れ溢るる時に 嘆きの果てに彼之主(かのぬし)は
無間(むげん)の民のいきどまり いつぞの姿に還らしめん
四つの聖主の怒れる剣が 御食(みお)しの業を切り裂いて
二つにわかれ眠れる大地 緋色の月夜は魔を照らす
忌み名の聖主心はひとつ 忌み名の聖主体はひとつ

ベルベットはあの白い空間の夢の中だと食べ物の味は感じられるのか。
シアリーズのこと忘れてない、忘れるはずがない。

ベルベットの故郷・アバルへ。
そこで目にしたのは、喰ったはずのニコや村人たちの姿。
そして昏睡状態だけど生きている弟・ライフィセット。
ああ、ニコかわいいし癒しなんだけど幻覚類だからつらい…。

前みたいに一緒に暮らそう、と言うニコ。
キッシュの味を感じ、ハッと目が覚めるベルベット。
夢の中でしか味を感じないはずなのに味がする。
マギルゥによると、夢に閉じ込める術は確かにあるらしい。

メルキオルの幻想術だったらしい。
古文書の全文が載っていた文書を奪われてしまう。
でも村に3年前ライフィセットが書き写した写本が残っていた。

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
テレサは対魔士の任を解かれる。
オスカーが無事使命を果たしたら戻す、一時的な処置らしいが。

咄嗟にお姉ちゃんと言いそうになったベルベット。
やっぱりシアリーズ=セリカかなー。

リオネル島へ向かう途中、壊賊病にかかったテレサたちを助ける。
テレサはベルベットたちにオスカーを助けるために手助けするらしい。
テレサとオスカーお互いにブラコン・シスコンすぎやろ。

ラフィがまだ一号だった頃、密かに本読んだりで抜け出していたの知ってたらしい。
ああ、ここでテレサがちょっとデレ始めてちょっとフラグが立った気が…と思った。

オスカーを気絶させたテレサは喰魔と融合する。
術?と適合することを黙っていたのはそういうことか。
決戦術式って神依のことかいな。未完成だけど。
人間側が開発した術をゼスだと天族側から普通に使ってたね…?

ベルベットは誤ってオスカーを喰ってしまった。
それに激怒したテレサに、混乱したベルベットはテレサも喰ってしまう。
喰魔と融合したテレサを喰ってしまったためにまた喰魔を探すことになる。

そうか、ここでテレサとオスカー死亡ということになるのか…。
キャラ的には好みだったから残念だなー。
あとアルトリウス(カノヌシも)、メルキオル、シグレかな?倒す相手。

マギルゥが「お師さん」と言ったのはメルキオルのことだろうか。
今回の裏切り者はビエンフーだったか。まぁマギルゥよりも怪しかったし。

マギルゥがどーでもいいって言うの、何かあったっぽいね。
感情面で何かあって、今のマギルゥになったのか?


レベル上げもそろそろしないとボス戦倒すの時間かかるなー。
別に苦戦してるわけじゃないんだけど。
早かったら明日クリアしたいなー…。

この記事をシェアする