電撃マ王 儚き刻のリオン 感想

ああ、次回とうとう最終回…!

「ビバ☆テイルズオブマガジン」の告知情報
・第1号は2月25日発売(予価790円)
・付録はI.G描き下ろしのユーリ/アスベル超大型ポスター
・カスカベアキラ・玲衣のイラストギャラリー
・コミック連載
 「TOWRM3」…尾張行
 「TOGf」…あやめぐむ
・超強力特集20P
 『テイルズオブ』の魅力大全2011
・最新情報
 テイルズオブエクシリア
・怒涛攻略
 TOWRM3
・キーマンインタビュー
 総合プロデューサー 吉積信が語るシリーズ15年の歩み

高いなー買うけどさ。
電撃マ王はリオン連載しか読んでないからさ…。




・アトワイトは知っていたのに、知らないのは当事者のルーティだけ…。
・やっときたよ、スタンが。
・「リオンは…こんな状況でこんな目をして嘘をつくような奴じゃない」
 スタンだから、初めて会ってからまだ短い付き合いだけどわかるんだろうな。
・『すべてを切り捨てて前へ進んできた僕と、すべてを抱えて前へ進もうとするスタン』
 前へ進むのは2人共同じだけど、どう進むのかの違いがあるんだね。
・ゲームにあった、リオンとスタンが剣を交わすシーンが…!
・スタンの光(おもい)はリオンに届くのか―

この記事をシェアする

0 件のコメント :

コメントを投稿