[痛バッグ] 魅せトートに両開きファスナー付けてみた

痛バッグとして定番の魅せトートに両開きのファスナーつけました。
使用したのは魅せトートW (横40cm×縦30cm×マチ10cm)です。

魅せトートは量が入るのでいいのですが、マグネット閉じなので心許ない。
普段ファスナー付きの鞄を買うで、余計気になるのかもしれないけど。

痛バッグは裏表使い分けているので両開きにしました。
かかった金額はポイント使って750円程。ポイント使わずだと2,000円程かかる。
今回は全部手縫いでやりました。

素材

  • ファスナー

YKKファスナー。横40cmなので45cmにしました。50cmでもOK。
希望の長さで買える下記ショップで注文。
https://item.rakuten.co.jp/chibikitchen/zip2/

100均にもファスナー売っているので安く済ますならそっちでも。
ただ100均のはバッグの大きさによって長さを自分で調整する必要があります。

  • 生地

バッグとファスナーを繋ぐ部分で使用。手芸屋さんで購入。
40cm×6cm程度を4枚用意できる大きさ。なるべく大きめな方がいいです。
使用したのはツイル生地ですが、ミシン使うなら帆布でもいいかも。

作業


必要な長さに切ります。
横幅分40〜42cm、マチ分6〜8cmt程を4枚用意。
今回4枚用意しましたが、長さ倍の2枚でもいいかも。


こんな感じ。縫い目が荒いのは気にしないでください…。
縫い方は適当な部分もありますが、主に下記サイトを参考にしました。
https://atelier.woman.excite.co.jp/creation/13322.html

縫う位置を決めたら待ち針で固定します。
ここから先はファスナーを全開に。
透明カバー、待ち針に気をつけながら縫っていきます。

針抜けないってなったらペンチで挟んで引っ張りましょう。
むしろペンチ使った方が余計な力入れなくて済むから楽だったという…。


完成。手縫いで手が疲れるけどファスナー付けられました。
ほぼテイフェスでしか使わないので仕上がり自体は雑だけども。


ついでに余った生地で端の処理もしました。

この記事をシェアする