[ユリミュ] ユーリ!!! on MUSEUM in 六本木 に行ってきました


ユリミュ初日に夜行バスで行って夜行バスで帰ってきました。
テンション下がりつつも行って良かったなとなったので良かったです。

初日4回入りました。
チケット自体は自分で取った分とお譲りしてもらったりキャンセル分で取ったり。
宿泊してまではさすがに無理だったので日帰り的な感じで。
荷物も必要最低限の物だけ持って、できるだけ荷物少なくしました。

六本木自体は初めて行きましたが、EXシアターが駅に近かったので迷わず行けました。
時間潰すのはEXシアター側だとそんなにないので大体が道路挟んで反対側のマクドとかヒルズかな。


この通りって横断歩道少ないらしく、地上だけで行くと大回りするしかないっぽい。
地下横断歩道があるとのことで、マクドの歩道橋側(東側)の写真の赤〇のエスカレーターから地下へ。
地下下りたら左行って次に右曲がって地上へ上るとちょうど反対側辺りに出れます。

待機自体は中の涼しい所でも待てますが、待機列は外待ちが優先でした。
人数が結構絞られていたようなので、最後尾からでも十分ゆっくり見れます。

エレベーターで17階まで上がると、左にサンリオパネルで右がミュージアム入口。
入口辺りに複製画の申込用紙が置いてあり、仕切り壁の方に発送時期も貼ってあります。
そのすぐ角の右側にウェルカムサイネージがありますので、ぼーっとしてると通り過ぎます。

スタンプ押す部屋に入ると左にある原画はここにしかないです。こっちに集めたようなので注意。
今まではガイド6番の所に飾ってありましたが、今回は中には飾ってなかったです。

隠し音声ガイドはよく見たら見つかる程度の難易度です。
共通音声と各音声ガイドにより異なる音声があります。一部共通してる所ありました。




演技している勇利くんを見ているコーチのヴィクトル、という感じ。
勇利くん腰細い…やばい、みたいな。かなり撮りまくったなー。

新衣装のポスターもちゃんと撮ってきました。
・仮面舞踏会
・燕尾服のようなイメージ
・燕尾服 勇利はとびきり上等な服を着せられてる感じ
個人的、新衣装のポイント
・"着せられてる"ってところ
・2人のつながりの共通点とゴールド
・正面から見えるしっぽのストーン
衣装単体としてはかなりグッとくる衣装だなーと。勇利くんほんと青似合うわ…。
ただ本編のように思い入れがないので、そこ含めるとやっぱりデュエット版離そば衣装には敵わない。

新衣装とポスター、今日テレウサさんもつぶやいていましたが…。
ポスター撮ると、なんとデュエット版離そばの衣装も写り込みます。
写り込みにハッと気付いてからは衣装の回転のタイミングを合わせて撮りました。
気付く前は今回カーテンで仕切ってないのは何故?って思ったけど、やっぱりそういう計算だった。

少し気になったが、メダル展示がなくなっていたのが残念。
あれ綺麗だしほぼ本物だし、また見たかった。

シークレットはネタバレになるので書きませんが、バレはしばらくしたらどこか来ると思う。
アドバイス?として、メガネかけてる人でコンタクトや裸眼でいける人はそっちがいい、とだけ。

ARグラスということでテレウサさん載せてたけど、テレ朝とKDDIの共同企画のトライアルらしい。
あ、リンク先のお知らせに追加分のネタバレ含まれてるから注意。

シークレット特典のsideY、物販特典のsideV。
図録として普通に販売してほしかったなーと。
中身自体はとてもいいと思いますし、できる範囲で手に入れてほしいなと思います。


最後は勇利&ヴィクトルの音声ガイドをじっくり何回も聞き込んで終わりました。
なんだかんだいろいろありましたが、遠征して行った甲斐があったかな。

この記事をシェアする