[P5R] ペルソナ5 ザ ロイヤル プレイ日記 *ネタバレあり


3学期までクリアしたので時間開きましたがプレイ日記書きました。
1,2学期は新キャラ2人+明智の追加部分のみです。



ジョゼについてはスタンプを集めるとちょっとイベントがあるらしいので落ち着いたら。
3学期のセーブデータ残してあるのでそっちで。
メメントスに現れるぐらいだからベルベットルームの関係者っぽいけど。

1,2学期は大筋は変わらず、ちょこちょこかすみや丸喜先生のイベントが挟まる感じ。
今回はストーリー重視でいったので既存イベントの部分はスキップでスルーしました。

今から思えばかすみが自己紹介忘れてた場面って重要ではあったのかな。
生徒手帳の名前って手書きなのかなって思ったけど、学校によるよねー…。

双子のお出かけイベントも行き先が増えると行けるように。
毎回思うけどベルベットルームの住人って服装が普通ってわけでもないから周りからしたら浮いてそう。

明智の利き腕についてコープイベント中気付かなかったわ…。
選択肢で確かに…って気づいた。

かすみが怪盗団と敵対とまではいかないけどどっちかというと明智寄りかなって予想してたけど…。
本編やると全然そんな感じじゃなくて、新体操があるから積極的に協力できないみたいな感じ。
むしろこの先のシドウ・パレスで怪盗団に協力したいって言う程だった。

ロイヤルで明智のコープは一新されてプレイヤー側で進める形になったのもあるけど。
無印の時より明智については好きになったかな。無印の部分はもう分かってるからかもしれないけど。
よりライバル視しているっていうのが感じられて、若干唐突感あった無印よりも掘り下げられてる。

正直に言うと、P5無印・ロイヤルのアニメーションのクオリティって低い。
アップの止め部分だけなら気にならないんだけど、動いてるところがさ…結構気になる。
毎週やってるTVアニメ並みのクオリティに見えるのが残念。
重要イベントのCGシーンとかはよく映えてていいんだけど、アニメ部分がなー。
このクオリティで続けるなら別にアニメーション入れなくてよくない?って思っちゃう。

追加の新パレスへ入ることに。
中の正面入口だけでも今までのパレスと雰囲気がガラッと変わってて不気味さがある。
ここでかすみは覚醒してペルソナ使いになったってことね。
序盤のニイジマ・パレスで怪盗姿で一緒に敵と戦えたわけだから、いつ覚醒するのかなって思ったけど。

ジョーカーが怪盗団だって知ってどうするのかと思ったけど驚くだけで何もなかった。
何かあるのかなって思ったのに。

明智のコープの重要選択肢。多分ペルソナの最終進化関連なのかな?
「好敵手」の方選んだけど最後進化したから真ん中の明らか間違いな選択肢選ばなければ大丈夫っぽい。

ということで次のコープイベントで明智戦へ。
回復しつつマカラカーンで反射したりで、特に苦戦要素はない。
ということで明智の手袋を預かりました。

このかすみとの約束もクリアした後だと結構重要そうで全然重要じゃない要素の一つ。
シリアス気味ではあったけど、なんだかなー…。

丸喜先生のコープを任期最終日までに9まで上げると最終日にイベント発生。
最初の湯気でメガネがくもって何も見えないところは思わず笑ってしまった。
丸喜先生、杏が仲間になって現実に帰ってきた時校門のとこににいたんかい!ってなった。
先生は最後ジョーカーに何を言おうとしてたのかな。

明智戦後、「手袋は預かっておく」を選びました。
ここは明智コープ一新による追加要素ですね。
明智戦後の夜、寝る際に選択肢が発生。「約束を果たしたい」で。

今回は無印の経験を活かしてメメントスは定期的に潜っていたので最深部までは楽に。
最深部も若干ダンジョン変わってたように感じる。
サタナエル出すシーンは今見てもいいなー。大衆の怪盗団!のとこはやっぱり白ける感じはあるけど。

12月24日の出頭してほしいという場面から無印から分岐。
死んだであろう明智が再登場。代わりに出頭してくれるらしい。
この後ぐらいからシェア禁止エリアへ入ります。

いきなり囚人服で保健室?ってなって蝶を追って外へ向かうと。
こういう風に認知を書き換えているってことか。

真面目にどちら様?って感じのモルガナの人間の姿。
杏がいい人っぽいよねって言ってた俳優の姿に似せてるんだろうけど…。
ジョーカーだけおかしいことに気づいている。他の皆は普段通りみたいな感じ。

かすみ父の「%@れ」は後から見るとなるほどってなる。
でもここは何でこうなったのかは不明。

明智が登場。まぁジョーカーと一緒でおかしいことに気づいてる1人。
利害の一致で再度明智と協力することに。
途中でかすみから新パレスが透けて見えているとの連絡が入り向かう。

明智はロキバージョン。
血祭りだ!とかなかなかに本性出してて面白い。

今の「かすみ」は妹の「すみれ」本人。
姉の「かすみ」は泣きぼくろ・茶髪、妹の「すみれ」は赤髪。

ジョーカーが「すみれ」をかすみだと認知していたのは生徒手帳見たからだと思われ。
清掃活動イベントで見た生徒手帳から判断してかすみと思い込んだ。
どうして生徒手帳はすみれではなかったのかはいまいちよく分からない部分。
周りが認知の影響受けないなら生徒手帳もすみれだと思うし、手書きなのか?ってちょっと疑問。

丸喜先生の言うことも分からないでもない。
ただ、認知改変が始まった初期のこの時点で矛盾が存在していることも事実みたいだし。
大衆の声のところ、1月の全部見ていくと結構な矛盾が生じてるのが分かる。

研究が途中で打ち切られたのはおそらく獅童。
認知訶学使って明智にやらせていたことからもほぼ確定だと思う。

すみれが「かすみ」でいることは逃げでもあるし、今後を考えても微妙なところ。
すみれだけならまだしも大衆もってなると話は別だと思うのよね。
大衆の声でもすでに矛盾あるし丸喜先生亡くなったらどうするのかとかいろいろあるよね。

明智曰く「前座」で仲間が合流。
1人ずつ回った甲斐があったな…。結構面倒ではあったけど。

毎回ベルベットルームの住人はどうやって電話かけてるのかって謎よね。
当たり前だけど非通知でかかってくるっぽいし。
ちょっとだけとはいえラヴェンツァの出番増えててうれしい。

マルキ・パレス攻略開始。すみれもようやく前を向き始めた。
半覚醒だったものが12月24日のメメントスと現実の融合で完全に覚醒した。
そこまでややこしい仕掛けとかはあまりなかったからまだやりやすかったかな。
終盤のスイッチオンオフのエリアは面倒だったけども。

すみれのコープ再開したので進めていって、恋人にしました。
今回はすみれが恋人にできたらなーと恋人作らずでいきました。

2月2日、期限の前日に最後の選択。
明智が最後に言った「帰ろう、僕らの現実に」って言葉が印象に残ってる。

丸喜戦は最初とかちょっと面倒だけどマハ系ぶっ放してやっつけました。
途中のイベントはなかなか良かった…。
倒すとアニメシーン。ちなみに実際の明智の出番はこのアニメシーンで終了です。
本編最後の明智の言葉がヘリのシーンで終わったのはさすがにかわいそうだと思った…。

ロイヤルで一番不満なのがエンディング。
自立という意味では確かにいいとは思う。
ただアニメシーンのすみれの擦れ違いの様子がちょっとおかしい感じだし、なんかすっきりしない。
明智の姿はおそらく幻とかでも片付けられるんだけど…。
挨拶回りにすみれも丸喜先生もいないのよね。

後から思ったけど、すみれが突然初詣の写真送ってくるところがある。
でもパレス攻略後だし、認知解けたならその時ジョーカーって牢の中。
ペルソナ使いだから写真って残ってるものなのか、謎なところ。

丸喜先生の現実を認めるルートも見ました。
みんな幸せそうではあるんだけど、本当にこれでよかったのか?って感じで終わるんだよね。


明智とすみれをプッシュしておきながらあの最後は何なんだろう。
正直3学期ない無印EDの方がエンディングでスッキリ終わってるっていう。
P4G並みにとは言わないけど、浅く終わったなーという感じ。
3学期のシナリオの大筋がカリギュラODの正史EDと裏切りEDとかなり似ててな…。

限定版のサントラはいつも通り良かった。
「I believe」と「僕らの光」が特に好き。

©ATLUS ©SEGA

Share